ホーム 診療科のご案内 病院のご案内 外来のご案内 入院のご案内 医療機関の方へ 求人情報 健康診断・人間ドックのご案内

トップページ > 病院のご案内 > 医療技術部 > 薬局

薬局

薬局の理念

薬の専門知識と倫理観をもって、適正かつ安全な薬物療法を提供し、社会に貢献します。
また、薬剤師の職能を活かしチーム医療、地域医療に貢献します。

病院薬剤師としての仕事はいかに安全な薬を患者に提供出来るかということが大命題です。内容も調剤、抗癌剤の調製、患者へのインフォームドコンセント他多岐に渡ります。そのためには薬を通じて他職種との繋がりが重要となります。朝の笑顔で挨拶から始まり、電話の応対、コミュニケーションの取り方等一般常識が当然求められます。

当院の薬局の特徴

病棟回診同行業務

医師の病棟回診に薬剤師も加わることにより、患者さんの病状、服薬状況、治療経過を把握でき、適切な薬物療法の処方提案や医師からの質問にも迅速に対応出来ます。

急性期疾患から慢性期疾患まで

当院は中規模病院ではあるものの、薬局業務は癌化学療法から緩和ケア、糖尿病、腎臓病、骨粗鬆症他、多疾患に携わることができます。

外来・入院癌化学療法業務

抗癌剤の治療開始時点から、投与量設定、投与期間等レジメンのチェックを医師とともに行い、患者さんへの治療スケジュール、副作用の説明を薬剤師がきちんと行います。

抗菌薬の適正使用管理

感染防止対策加算が新設され、院内感染対策を他の基幹病院と連携して行うこととなり、その中で抗菌薬の適正使用の為の使用届出と管理を行っています。

院内各委員会での役割

薬剤師は院内における院内感染対策委員会、医療安全管理委員会、緩和ケア・化学療法委員会、薬事委員会、DM療養ケア委員会、NST委員会、クリティカルパス委員会にて重要な役割を担っています。

薬局の仕事について

薬剤鑑別

入院患者さんの薬の量、飲み方、飲み合わせ、副作用、アレルギーなどのチェックを行い、患者さん一人一人の状況に応じたお薬を提供します。お薬手帳は必ず持参してください。

調剤・配薬

入院中は個々の患者さんの症状に応じて医師の指示により薬が処方されます。当院は電子カルテを導入しており、薬局では指示が印刷された処方箋をみて薬の種類、服用量、服用回数、飲み合わせ等処方の内容に問題がないかチェックし薬を調剤します。
自己管理の出来ない患者さんの薬は全自動錠剤分包機にて一包化し配薬カートにセットします。

尚、当院では外来患者さんの薬は院外処方箋を発行しています。最寄りの薬局にて薬をもらって下さい。

注射薬の管理

入院患者さんの治療に必要な注射薬の投与量・経路・速度・期間・配合変化などのチェックを行い、注射薬の調剤を行います。

高カロリー輸液・抗癌剤の調製

高カロリー輸液は注射薬の中で最も細菌が繁殖しやすい輸液のため、雑菌の混入を防ぐのにクリーンベンチという細菌の侵入を防ぐ装置の中で薬剤師が調製をしています。
癌化学療法に使う抗癌剤は決められた投与量、投与期間に間違いがないかチェックし、安全キャビネット内で調製を行っています。

医薬品情報管理

薬の効果や副作用の情報を収集し、評価し、管理しています。月1回の薬事審議委員会を中心に薬の知識や最新情報を医師や看護師などに的確に提供し、治療の現場を支えています。

服薬指導(外来・入院)

患者さんが薬を正しく使えるように薬の効果・使い方・注意点などをお伝えします。また、患者さんからのお薬に関するご相談にも応じています。
癌化学療法施行時、麻薬使用開始時など、投与経過の服薬指導は必ず行ない、インスリン注射、自己血糖測定の指導、麻薬による癌性疼痛コントロールへの関わり等と合わせて、患者、医師、看護師他スタッフとともに積極的に治療に取り組んでいます。
2016年より骨粗鬆リエゾンチームが発足し、骨粗鬆症治療薬の開始時は薬剤師が説明、指導を行います。

治療薬物モニタリング

抗不整脈薬、抗生物質など、適正量を決めるのが難しい薬の血液中の濃度を測定し、適正な薬物療法を行うためのモニタリングをし、患者さんにとって最も安全で効果的な薬の使い方を設計し、医師に情報提供します。

学生実習

平成22年度より6年制薬学生の5年次病院実習受入れを行っています。

参加学会・勉強会

日本化学療法学会・日本環境感染学会・日本医療薬学会・日本緩和医療薬学会・日本病院薬剤師会関東ブロック学術大会・茨城がん学会他
院内薬局勉強会:新薬、適正使用情報等製薬会社MRによる勉強会を行なっています。
外部各種研究会・講演会への参加・生涯研修認定の取得
関東ブロック薬剤師学術大会発表
池澤直樹 「ひとり薬剤師による病棟業務の立ち上げ」H27.7

院内勉強会

看護部中堅勉強会  「知っておきたい薬の知識」H27.6
看護部新人勉強会  「正しい薬の使い方〜注射薬編」 H27.7
看護研究発表 池澤直樹 「ひとり薬剤師による病棟業務の立ち上げ」H27.12.4

地域勉強会

ご近所ネットワーク勉強会
当院薬局が幹事となり、近隣の病院薬剤師が集まって、勉強会、情報交換を行なっています。
毎回12,3施設、30人位の薬剤師が集合して大盛況です。
第18回「医療安全からみた感染対策」H26.10.29
第19回「臨床からみた抗生剤の基本的な使い方」H27.5.13
第20回「栄養の基礎、静脈栄養について」他 H27.8.25
第21,22回「学会発表のおさらい 各施設の発表1.2」H28.1.27,2.24

外部活動

学校薬剤師

小美玉市教育委員会からの依頼で、プールの水質検査、教室の照度検査、二酸化炭素濃度、温度、湿度、換気等環境衛生検査を行っています。(小美玉市の小中学校、幼稚園計4校)
茨城県先進医療研修会(在宅医療関連)茨城県主催 講師 田原敏和  H27.1.23 外部活動