ホーム 診療科のご案内 病院のご案内 外来のご案内 入院のご案内 医療機関の方へ 求人情報 健康診断・人間ドックのご案内

トップページ > 病院のご案内 > 医療技術部 > 臨床工学科

臨床工学科

臨床工学科の理念

臨床工学技士とは、臨床工学技士の国家資格を有する医療機器の専門家であり、医師の指示のもと生命維持管理装置の操作および保守管理を行います。
医療機器の保守管理を確実に実施し、患者様に安全で安心できる治療を提供します。

臨床工学科について

臨床工学技士の役割

1.血液浄化化業務

腎機能の低下した患者様の腎臓の働きを代行することを目的とした治療で、治療前の準備(透析液の準備、プライミングなど)から終了までの一連の業務の他、保守管理を行っています。また、重症の患者様に対して病棟透析やエンドトキシン吸着療法などのアフェレシス療法についても対応しています。 血液浄化化業務

2.人工呼吸器関連業務

呼吸不全の患者様で人工呼吸器の管理下にある患者様の呼吸状態や、人工呼吸器の作動状況の確認を行う傍ら、人工呼吸器の保守管理点検を行っています。

3.その他の医療機器の保守管理業務

その他の医療機器(輸液ポンプや除細動器など)色々な機器の操作や保守管理を行っています。 保守管理

4.院内教育

新人看護師や病棟看護師等に医療機器の使用方法や注意事項を周知し安全に治療が行えるよう努めています。

5.その他の業務

内視鏡の術前のチェックやESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)での電気メスの操作および、ペースメーカの点検なども行います。

学会

日本臨床工学技術士会、茨城県臨床工学技術士会
我々臨床工学科は、日々進化する生命維持管理装置の操作や保守管理を行うため常日頃からの自己研摩を行っていきます。